スポーツサポーターの種類

  • スポーツサポーターの役割

    • 子供から大人、高齢者までスポーツを楽しまれる方は多いと思います。

      スポーツはアスリートを目指す方をはじめ、健康づくりやリフレッシュ、ストレス解消、ダイエットなどに役立ちます。趣味として様々なスポーツを楽しむことが増えて来ているとともに怪我や疲労はつきものです。

      ウォーミングアップやクールダウンを十分行わなかったり、急に激しいスポーツをしたり不意なトラブルなど何が起こるかわかりません。

      スポーツサポーターについて悩んでいませんか。

      そんな不安を少しでも軽減し思いっきりスポーツを楽しみたいものです。

      そこで、スポーツサポーターやテーピングを活用するのも一つの方法です。


      スポーツサポーターの役割とは、スポーツをするときにサポーターを装着することで痛みの軽減や関節や筋肉を固定したり保護したりして負担や衝撃を減少し、怪我やトラブルの予防を図ります。



      スポーツサポーターには腰・太もも・ふくらはぎ・足首・手首・指。



      肘・膝・すね用などがあります。


      サイズは大きすぎても小さすぎてもいけません。

      緩すぎると正しい効果が得られません。小さすぎて締め付けるものは血流が悪くなって注意が必要です。

      使用する部位のサイズを測り、適切はサイズの物を選ぶ必要があります。
      長時間の使用は避けてください。

      着けっぱなしにしておくと筋肉が衰えてしまいます。

      また、使用しているうちに生地が伸びてしまったり、古くなってしっかり固定ができなくなってしまいます。

      何枚か用意しておき交代で使用したり、定期的に買い換えましょう。


top